脳を活性化するために、Awe(オウ)体験をしよう!

脳を活性化するために、Awe(オウ)体験をしよう!

1DAY脳トレ研修 NDC脳力開発トレーニング オンライン脳トレ研修 お役立ち情報 脳トレ研修(企業研修) 脳磨きプレミアム会

 脳を活性化するために、大自然の中で、Awe(オウ)体験をしよう! 

大自然や大宇宙の広大さや悠久さに 心が打たれ、鳥肌が立つくらいの感動をしている状態をAWE(オウ)体験といいます。  AWE体験は、脳科学的に研究が進み 非常に脳が活性化して、脳の潜在パワーが引き出される状態であることがわかってきました。  

大自然や大宇宙の悠久さや広大さを目の前にして、心が震えるような経験をすると、人は謙虚、素直、感謝、利他、慈悲などの感情をが湧き起こります。このときに、自分の人生の目的や志が見えてきます。

米国 アリゾナ州立大学のシオタ博士らの研究によると、大宇宙の悠久さや自然の広大さを前に「自分を小さい」と感じるとき、人は非常に 謙虚な気持ちになり、そして素直に感謝の気持ちを持ちます。その結果、前向きにもなり「世の中のため、誰かのために役立ちたい」という思いを強くするのです。このとき、脳は通常の何十倍、ときには何百倍も活性化するのです。

中国・広州大学のリー博士らの研究は、Awe体験が「社会性行動」にどのような影響があるかを調べています。

Awe体験で未来の時間の感覚を持てるようになり、社会性のある行動が取れるようになるという結果を出しています。 「未来の時間の感覚を持てる」というのは、未来を単なる時間経過した先にあるもの と捉えるのではなく、自分が生きている「いま」と同じような感覚で捉えること。

たとえば、いまから100年後の未来は、多くの人にとって自分が死んだ後の世界ひとごとです。その時間を「自分が生きていないのだから関係ない」と他人事のように捉えるのではなく、「いま」と同じ感覚で捉えることです。それは、未来もいまと同じように価値があると実感することができるからです。

この感覚を持てるかどうかは、その人が社会性のある行動を取れるかどうかに大きく関わります。 たとえば、未来に思いが至らない人は、どうしてもいまの自分たちがより良く生きることだけを考えてしまう傾向があります。いまが良ければいい、いますぐメリット があることをやろうなどという考えにいたってしまうのです。

しかし、地球の未来にきちんと思いをはせられる人は、温暖化による地球の環境悪 化を少しでも食い止めようと「温暖化しないような生活に改めよう、なんとか対策を 練ろう」などと考えます。それは、単に「自粛」することだけを考えるのではなく、「温暖化防止」によって、逆にいままで以上に社会を活性化できないか、あらゆる創意 工夫を凝らそうというところにまで思いをはせられるようになるといいます。

さらに、先人たちがどのような思いで、今の社会を創ってきたのか?など、過去の人たちとも気持ちがつながることができるのも、Awe体験をたくさん経験した脳であることもわかっています。先人たちも含め、他者の情熱を受け取ることができると、それだけ、心のエネルギーが高まり、大きな困難を乗り越え、計り知れない夢を実現していくこともできるのです。

また、2000人以上の被験者の協力を得て行われた米国・カリフォルニア大学ア ーバイン校・ピップ博士らの研究では、Awe体験は「寛容さ」を引き出すこと、また自分の小ささを感じ謙虚さを育むことにより「社会性のある行動を取るようになる」 こと、また「より道徳的な判断をしやすくなる」という結果が出ています。つまり、人はAwe体験をすることによって、いまの社会はもちろんのこと、未来 の社会や人のために役立つことをしようと考えるようになるというわけです。

Awe体験はこの「利他の心をさらに時間や空間を超えて持つこと」に繫がるのです。

関連記事